スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花祭りのご案内

花祭りのご案内
   4月3日(日)11時~

                             
NEC_0195.jpg

花祭りとは、お釈迦様の誕生をお祝いするもので、宗派に関係なく全国のお寺ではお祝いをいたします。
鎮西道場でも毎年の恒例行事となっています。
本来4月8日がお釈迦様の誕生日とされていますが、
日曜日に合わせて開催いたします。


当日は甘茶のふるまいもあり、
お祝いの会の後は、道場内の桜の木の下で食事をします。 

皆さまご家族・お友達をお誘いのうえ、ふるってご参加ください。

お弁当・お酒等、飲食物は各自でご用意下さい。

雨の場合は室内で食事をします。

豪華景品が当たるビンゴゲーム、子どもさんにはお菓子のお土産♪

※なお、前日(土曜15時から)準備を致しますので、花御堂を飾るお花がありましたらお持ちよりいただき、お手伝いをお願いします。


花祭りとは

「花まつり」は第二次大戦後に広まった名前で、
本来は灌仏会(かんぶつえ)・仏生会(ぶっしょうえ)・浴仏会(よくぶつえ)・降誕会(こうたんえ)・竜華会(りゅうげえ)などと言います。
いろいろな花で飾った小さなお堂(花御堂)の中に、甘茶の入った桶を置き、あかちゃんの姿のお釈迦様の像(誕生仏)を祀ります。お参りの仕方は、誕生仏の頭からひしゃくで甘茶(産湯)をそそいでお参りします。
   
NEC_0198.jpg


お釈迦さまの父親は釈迦族の王様で浄飯王、母親は摩耶姫といいます。出産のため実家に向かう途中のルンビニー園で生まれました。

 天上天下、唯我独尊、三界皆苦、我当度之
お釈迦さまは生まれると、すぐに七歩ほど歩み、右手で天を、左手で地を指さして
「人は誰でもこの世に一人だけであって予備の人間はいない。命は貴いものである。私は苦しむ人々を救うことを第一としよう」といいました。
すると天に住む竜が感激して甘露の雨を降らしたといいます。
花御堂はルンビニー園を、甘茶は龍が降らした甘露の雨を表わします。

花まつりは、インドや中国でも古くから行われている行事です。
日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われました。
お釈迦さまの誕生を祝い、お釈迦さまの智慧と慈悲の教えを信じてゆくことを誓う日です。
また、子供がすくすくと育つことを祈る日でもあります。

失敗して物をダメにする事を「おしゃかになる」と表現しますが、これは灌仏会に因むものです。江戸の鍛冶職人の隠語として、あぶり過ぎて鈍ってダメにしてしまった金物に対して、江戸っ子訛りで「しがつよかった(火が強かった)」→「四月八日だ」→釈迦の誕生日、というつながりで成立したとされます。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年も、皆様にとっていい一年になりますようにと祈りました。

「好日」
・豊後二見の 夫婦岩にあがる初日の出です。
W 豊後二見2016年1月1日 DSC_0763 2


「祈り」
・国東半島の 富貴寺に初詣でするご家族です。
W 富貴寺2016年1月1日 DSC_1009 

 新年最初の坐禅は如何ですか。

明けましておめでとうございます。

 昨年は、鎮西支部創立90周年記念式典もあり、充実した一年でした。
お陰様で道場もすっきり爽やかな、快適な道場となりました。
皆様のご支援、ご協力に心より御礼申し上げますと共に、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、平成28年の最初の坐禅は、1月3日の日曜坐禅から始まります。
会員の方は勿論ですが、どうぞ初めての方も、お気軽にお出で下さい。

 ところで、静坐のあと、内輪にプチ新年会を企画しています。
お飲み物と、お雑煮は典座が準備する予定になっていますので、お料理は各自ご自分の分だけ、おせちなどお持ち寄り下さい。
本年も 正しく、楽しく、仲の良い一年が過ごせますように共に精進致しましょう。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

   鎮西道場 道場長 向野実道 九拝

坐禅は如何ですか

10月15日(木) 19:00~21:00 は、鎮西道場の例会日です。
広い本堂で、静かに坐るのはとても良い気持ちです。
坐禅は45分間、その後30分位法話があります。
15日は、野代實心さんの、中庭の白砂に付けられた波紋の描き方のお話です。

石庭と言えば、京都 龍安寺の石庭が有名ですが、(写真参照)
鎮西道場の庭は如何でしょうか。
実際にご覧になって、ご意見を楽しみにお待ちしています。

この庭は、今年の春、一般の人たちと一緒にワークショップ方式で造られました。
石の数や、配置には勿論意味がありますが、波紋について書かれたものは少ないようです。
どうぞ味わってみて下さい。

龍安寺石庭


陰陽五行講座のご案内

陰陽五行講座のご案内

平成28年2月14日(日)
10時30分~12時

※1月はありません。

講師:絶学軒 佐々木 武
会費 1000円


予約は不要です。
9時から1時間の座禅の後に行います。
座禅から参加されても結構です。

たくさんのご参加をお待ちしております

7ゼネレーションウオーク一行、道場に来泊

「命は何よりも大切」と言う視点から、
ネイティブアメリカンの、常に7世代先の子孫のためになるかどうかを考えて判断する

という哲学をベースに、
事実をま学び、伝え、各地で平和についての集まりをしながら、
2015年7月7日~8月9日
広島から長崎まで歩く、
7ゼネレーションウオークの一行が、...
26日、鎮西道場に来泊しました。

思いのすばらしさに、共感し、感銘を受けました。

宝蔵 記

自分らしく生きる

北九州市内の某中堅有力企業の、新入社員研修。道場にて。

その会社の80歳を過ぎて現役の会長にして、当道場の老修行者の講話が最後にあった。

骨身に徹する、いい話で、涙が出た。





●自分らしく生きる

一度しかない人生ですから、遠慮することなく思い通り、自分らしく生きたらいいじゃないですか。

人の目や世間体だけ気にして生きていてどうしますか。

恐れることはない、失敗したっていいじゃないですか。

失敗も、人生の味わいであり勉強です。

私も沢山失敗してきましたし、生きている限り、これからも失敗するでしょう。

本当に自分らしく生きる、ということが、堂々とした人生ということなのです。



しかし、それは、わがまま勝手ということではないです。

わがまま、自分勝手ではいけません。

自分勝手ではなく、自分らしくを実現するには、そのためには無我にならなくてはわかりません。だから無我の練習をするのです。





●人生の味わい

五味という言葉があります。

食事のさまざまな味わいも、全て、甘い、酸っぱい、塩辛い、にがい、辛いの5味からできていると。

人生もそうです。

悲しい、苦しい、寂しい、嬉しい、楽しい、等からできています。

嬉しい、楽しいだけでは、味わいになりません。

それら全てがあるから、深い味わいになるのです。

悲しいも、苦しいも、たっぷり味わえばいいじゃないですか。
悲しいときは、悲しみになりきる。

涙が枯れるまで泣けばいいじゃないですか。

悲しいとき、苦しいとき、それから逃げてはいけません。正面から受け止めることです。

それから、苦労するべきです。苦労しなければ、ものの味、人の気持ちはわかりません。

人の気持ちのわからない人間は人の上にはたてません。

続きを読む »

400年ぶりに復活した芦屋釜と茶事

日本の茶釜の重要文化財9釜のうち、8釜は芦屋釜である。

それほど貴重で、すばらしい釜。

福岡県遠賀郡芦屋町で作られていた。

肉厚が非常に薄いのが特徴で、他の追随を許さない。

それのみか、それ自体、江戸初頭に伝統技術が絶えてしまっていた。



それを芦屋町が再興するべく志をたて、それに一緒になってやった釜師が八木(やつぎ)氏である。

16年の研究、研鑽、挑戦を重ね、ついに肉厚2mmの芦屋釜の復活を果たした。



その八木氏の最初の作品であった、丸釜と同じ釜を再度制作し、この度当道場の所蔵となるご縁となった。



その初お披露目の茶事が早朝から行われた。
芦屋釜


八木釜師に縷々解説して頂き、参加者皆深く感銘、感動していた。

何より八木氏自身、自分が苦労して人生をかけて復活を果たし出来た釜の初釜の茶席で、お茶を頂くことの喜びと感動に、感に耐えず、涙に声を詰まらせていた。

こちらも、一緒に感動で涙の出る、すばらしい茶席だった。

 「座禅草」

栗山座禅草2015年3月24日 DSC_0931 2W

今年春、長野、飯田市の友人を訪ねました。
その彼が、「座禅草」が、 群生してる所を案内してくれました。
達磨大師が座禅されているお姿にみえるから、座禅草と名がついたそうです。


撮影:澤田直章 2015.3.24



「蓮華草」

蓮華干潟

桜が終わり、田圃にもいろんな野草が咲いています。
朝露に濡れたん蓮華草です。みずみずしい生命の輝きを感じシャッターを切りました。


撮影:澤田直章 2015.4.24

オーガニックな日本庭園づくりと坐禅体験

庭造り講座は好評のうちに終了いたしました。
大変素敵なお庭が完成しました。
写真を近々アップしますのでお楽しみに☆

表
うら

3月22日の様子です。
一生に1度あるか無いかの庭造り体験。
石を1個置くだけでもなかなか奥が深くて決まらない・・・。
とても楽しかったです!
食事には、道場で漬けた無農薬大根の沢庵を今日初めてあげましたが
美味しく漬かっていました。
また、道場の桜の木で焼いたマスは、優しい春の香りがしました。
来週もお楽しみに☆
29日は少し空席あります。ご希望の方はご予約ください。
IMG_1110.jpg

IMG_1115.jpg

«  | HOME |  »

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。