スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書「幸せになっていいんだよ」出版のご案内

人間禅鎮西支部の名誉会員 田中真知子(ペンネーム 宮川詩麻)さんが
新刊「幸せになっていいんだよ」を出版されましたのでご紹介いたします。

優しい言葉に引き込まれ、時間が経つのを忘れてしまう素敵な本です。
読む前と読んだ後では、人生が一気に好転するような
秘密がたくさん詰まっています。
ぜひみなさんに読んでいただきたい本です。

鎮西坐禅道場にも在庫をおいておりますので、お買い求めいただけます。
1300円(税込)

幸せになってもいいんだよ

宮川詩麻
司会、講演、作詞家、作家、映画監督等
多岐な分野で活躍されています。

フランチェスコの参禅体験記

今度、入会いたしました、

ロミト・フランチェスコです。


IMG_1114.jpg
イタリアのナポリから来ました。
北九州で、英語の教師をしています。
34歳。独身です。
日本に来て4年になります。

外国や、その文化に興味をもち、イギリス等に行き、日本には4年前来ました。
特に、日本と日本の禅に以前から興味をもっていました。

日本の好きなところは、マナーがよいことです。
好きな場所は、桜島です。
日本食、刺身、大好きです。

禅は18歳くらいから、とても興味をもっていました。
自分のおじいさんが、インドへよく行ったり、イタリアで禅をやったりしていました。
そのおじいさんから禅の話を聞かせてもらい、興味をもちました。
最初に読んだ本は「禅マインド、ビギナーズマインド」という有名な本でした。
禅の深みに、とても、興味をもち、それからひとりで坐ってみたりしていました。

日本へ来たら、是非、禅をやってみたいと楽しみにしていましたが、
これまで、他の都市に居ましたら、なかなか禅道場で行ける場所にめぐり合いませんでした。
今年北九州市に来て、インターネットでこの道場を探し、来てみました。

道場に来て3週間ほどです。
その間、摂心もあり、参禅もさせていただきました。
とてもエキサイティングで、すばらしいです。
建物も日本スタイルで好きです。
老師様とお会いさせていただき、参禅もしました。
とても面白いです。
老師は沢山の感想があって、一言ではいえませんが、
ストロングで、ワパフルで、特別なエネルギーを感じます。

夜、外の日本庭園を見ながら縁側で坐るのは、とてもとてもよかったです。
お抹茶も、はじめて飲みました。
日本的な部屋で、抹茶をのみ、お話をする、とても楽しかったです。

この和服は、摂心中ちょうど自分の誕生日に、老師様がご自分がこれまで来ておられたものを
一式全て、プレゼントしていただいたものです。
感激です。
とても似合ってますでしょ。

これからも禅を頑張って、深い世界を体験していきたいと思います。

よろしくお願いします。

IMG_1117.jpg

東日本大震災のボランティア

鎮西道場の玉心さんが、

東日本大震災のボランティアへ、

4月3日に出発しました。

北九州から関西まで行き、そこから他の仲間とバスで東北へ―。

行くだけでも大変な距離ですが、出発前の壮行会(花祭り?)では
目がキラキラと輝いていました。


仙台市を拠点とし、現地で必要なことやモノをヒヤリングし、
ボランティア活動を行っていくそうです。

そして可能な限り、長く滞在したいとのこと。


玉心さんならまわりの人にエネルギーを与えながら
素晴らしい活動ができることだと思います。


被災地の人を励まし、多大な力となって、
そして無事に戻ってきてください!

玉心さん出発



書籍のご紹介

鎮西道場の名誉会員である田中万知子さんの著書紹介

小説田原淳『いのちの光』

ペンネーム宮川詩麻
  
文藝書房刊 1,575円(税込)




鎮西道場名誉会員の田中万知子さん(雪峰庵田中雲渓老居士の妻)
が新刊を発行されました。


心臓用のペースメーカーや心電図の基礎となる
「心臓刺激伝導系」を発見した大分県中津市出身の
田原淳(たわらすなお)博士(1873~1952)の後半生を
画いたものであります。


世界の心臓学を拓いた医学博士は、実直で人情深い九州人だった。
後継者として期待した一人息子は、監視艇隊の軍医長として出征し、海に散った。
息子を戦死させた父親の深い悲しみと慟哭。人生の不条理。
明治、大正、昭和―ドイツ留学帰国から晩年まで、
お手伝いのミツコの目を通して描く、九州帝国大学教授の半生。

―帯文より―


堅苦しさが無く
非常に読みやすい書籍に出来上がっています。

一度、本屋でこの書籍を手にとってみて頂ければ幸です。
そして、是非この本を購入してご一読されることを
おすすめ致します。


以下からも購入可能です。

1) このブログの窓口
  久木田寶州老居士
  携帯(090-5949-1863)

2) 雪峰庵田中雲渓老居士または著者本人
  携帯(090-5389-1037)
  携帯(090-8419-8098)

3) インターネットから購入


著者紹介

宮川詩麻(本名:田中万知子)

大分県生まれ。
福岡県京都郡苅田町在住。
ワイズメンズクラブ北九州支部会長。
福岡県無形文化財 金富神楽所属。

披露宴司会者として2000組以上を担当。
30代の頃から「運命学」や「宇宙の法則」に導かれて学び、
人生相談や講演にも力を注いでいる。
女のドラマ「夏の音」最優秀賞、
2時間ドラマストーリー「神事に愛が散る」優秀賞受賞、
都市小説「波紋」最終選考等。

その他著書
「華の宴・人の縁ー披露司会者が見た心に残るシーン」(海鳥社刊 1575円税込)
司会台から見たそれぞれの生き方、愛し方、笑顔、涙・・・
出会いとの不思議や縁
たくさんの感動と、切なかった想いを込めて―


*著者からのメッセージ*

売り上げの一部を、この度の地震災害の義援金にさせていただきます。

その4 霊峰

霊峰さんの紹介です。

道号名  霊峰

性別   男性

住まい  遠賀郡在住

年齢   52歳


坐禅を始めたきっかけ

落ちち着きのない性格を、遅まきながら直したいと思ったからです。


坐禅歴

本格的に坐ったのは、ここに通い出してからです。(1年とちょっと)


坐禅を続けて、変わったと思うこと、又は感じたこと

眉間の縦じわが一本減りました。

苦笑や冷笑ではなく、微笑ができるようになりました。


鎮西座禅道場のアピール

老若男女さまざまな人との出会いが、自分自身をまだまだ成長させてくれます。


その他

坐禅をやってると、「何事もやってみなきゃわかんない」と今まで以上に思えてきますよ。

«  | HOME |  »

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。