スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7ゼネレーションウオーク一行、道場に来泊

「命は何よりも大切」と言う視点から、
ネイティブアメリカンの、常に7世代先の子孫のためになるかどうかを考えて判断する

という哲学をベースに、
事実をま学び、伝え、各地で平和についての集まりをしながら、
2015年7月7日~8月9日
広島から長崎まで歩く、
7ゼネレーションウオークの一行が、...
26日、鎮西道場に来泊しました。

思いのすばらしさに、共感し、感銘を受けました。

宝蔵 記
スポンサーサイト

自分らしく生きる

北九州市内の某中堅有力企業の、新入社員研修。道場にて。

その会社の80歳を過ぎて現役の会長にして、当道場の老修行者の講話が最後にあった。

骨身に徹する、いい話で、涙が出た。





●自分らしく生きる

一度しかない人生ですから、遠慮することなく思い通り、自分らしく生きたらいいじゃないですか。

人の目や世間体だけ気にして生きていてどうしますか。

恐れることはない、失敗したっていいじゃないですか。

失敗も、人生の味わいであり勉強です。

私も沢山失敗してきましたし、生きている限り、これからも失敗するでしょう。

本当に自分らしく生きる、ということが、堂々とした人生ということなのです。



しかし、それは、わがまま勝手ということではないです。

わがまま、自分勝手ではいけません。

自分勝手ではなく、自分らしくを実現するには、そのためには無我にならなくてはわかりません。だから無我の練習をするのです。





●人生の味わい

五味という言葉があります。

食事のさまざまな味わいも、全て、甘い、酸っぱい、塩辛い、にがい、辛いの5味からできていると。

人生もそうです。

悲しい、苦しい、寂しい、嬉しい、楽しい、等からできています。

嬉しい、楽しいだけでは、味わいになりません。

それら全てがあるから、深い味わいになるのです。

悲しいも、苦しいも、たっぷり味わえばいいじゃないですか。
悲しいときは、悲しみになりきる。

涙が枯れるまで泣けばいいじゃないですか。

悲しいとき、苦しいとき、それから逃げてはいけません。正面から受け止めることです。

それから、苦労するべきです。苦労しなければ、ものの味、人の気持ちはわかりません。

人の気持ちのわからない人間は人の上にはたてません。

続きを読む »

12月8日の明けの明星を見て、お釈迦様は悟りました。

2600年ほど前、お釈迦様は、

それまでやっていた苦行に何の益もないことを観じ、

スジャータから捧げられた乳粥を飲んで体力を回復し、

1人、静かに菩提樹の下に坐り、瞑想に入りました。

瞑想すること8日。

12月8日、明けの明星を見て、忽然としてお悟りを開かれました。



作日は、それにちなんで、鎮西道場でも、土日を選んで、明け方まで徹夜で、坐禅を行う

徹宵坐禅会を行いました。




日本の禅道場は、一斉に、この12月8日にちなみ、徹宵坐禅を行うことが慣習となっています。

専門僧堂では、お釈迦様同様、1日より、8日の未明まで、1週間ぶっ通しの昼夜を分かたぬ、連続徹宵坐禅の命取りの摂心が

1年最大の修行として行われます。



どうぞ、道場会員以外の方も、

自分なりに、坐ってみませんか。

このお釈迦様のお悟りを観じ、
1時間でも、2時間でも、坐ってみましょう。


鎮西道場の会員の方も、

また、7日の夜、ないし、8日早朝、自室において、

改めて、心を切替え、坐ってみましょう。


合掌



宝蔵 拝

道場の森の紅葉

紅葉

道場の山の紅葉が、みごとに美しい。
小生、最近、風力発電の工事で、
高千穂の山中に行っていたが、
そこよりも、途中、さんざん通った、
阿蘇、高森等の九州山地のどこよりも、
ここの紅葉がみごと。

意外に、遠くにはなく、足元に、最高の紅葉があった。
「脚下照顧」。

それにしても、1人で見るのがおしい、みごとな美しさ。

仕事をさぼって、見にいらっしゃい。


吉岡 宝蔵 記

「エコな呼吸でこころもからだも健康に」


10月9日のFMKITAQ エココロウインドは、

「エコな呼吸でこころもからだも健康に」 でした。


坐禅をする人間にとって、とても、基本でありつつも、おろそかにされているかもしれない
ことで、改めて、学ばされました。
どうぞ、見てみてください。


放送録画、下記です。

http://www.ustream.tv/recorded/17772422


USTREAMでは、
途中の音楽とCMは、無音となっています。(著作権上)
お聞き苦しいかと思いますが、ご容赦ください。


吉岡 宝蔵 記

 | HOME |  »

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。