スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間禅とは

 人間禅は、明治のはじめに山岡鉄舟、中江兆民、高橋泥舟らの先駆者が、白隠禅師よりつづく正しい法脈を継いだ鎌倉円覚寺管長の今北洪川老師を東京に拝請し、人材育成の為に一般社会人を対象(居士禅)として始めた修禅の会「両忘会」に源を発しています。

この両忘会は、一時期中断を余儀なくされましたが、第二次世界大戦後に円覚寺の釈宗活老師の法嗣の耕雲庵立田英山老大師によって、男性も女性も区別無く修行出来る一般社会人の為の禅、人間形成の禅として、その名を「人間禅」と改め、再興されました。これが人間禅の歴史です。

現在は、 白隠禅師の法脈を嗣いだ師家を中心として全国にて本格の修行が行われています。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。