月の行事予定

次回の摂心会は、 平成28年9月17日(土)~9月24日(土) です。


鎮西坐禅道場 
毎月の行事予定


鎮西坐禅道場および小倉城庭園にて、以下の行事を行っています。

お気軽にご参加ください。



 第264摂心会

17日(土)~24日(土)     
   
参加費 ・・・ 1000円
食 事 ・・・ 300円/回
寝 具 ・・・ 500円/1摂心会

---------------------------------

上限 3000円



  →摂心会とは

         
 

  木曜定例坐禅会
     19~21時
         
                                               
木曜の坐禅後は、法話もあり、禅の歴史や会員の話など色々な話を聴くことができます。

  日曜定例坐禅会 
     AM9~11時 
__[1]

坐禅のあと、輪読又は作務(草むしりや掃除など)を行います。

<通常坐禅会>

静座会員・・・入会金 1000円

  1000円/月 又は 10000円/年





  陰陽五行講演会 

第2日曜日の開催です。
 10:30~12:00
  
IMG_2530_R.jpg

日曜坐禅の後に開催します。

次回は9月11日(日)です。

講師:佐々木絶学軒
会費 1000円
予約 不要



  写経坐禅会

第2・第4土曜日の開催です。
予約不要です。
写経のあとは、お抹茶(菓子付)をいただきます。

坐禅写経会

a) 日時: 8時~9時30分※時間変更しました。お気を付けください。
        第2・第4土曜
 
b) 場所: 北九州市小倉北区城内1番2号
        小倉城庭園(小笠原会館)書院    
c) 内容: ① 坐禅  ② 写経(般若心経) ③ お抹茶
d) 会費:千円/回・人
e) 問い合わせ先: 
     小倉城庭園---tel:093-582-2747
     鎮西坐禅道場---tel:093-571-7747 
     (上記で繋がらない時は、
      向野(むくの)---tel:093-521-2061(ムクノ歯科医院内)へお電話下さい。

     尚、参加される方は
     写経用具(筆ペン・文鎮・下敷)を持参下さい。 写経用紙は当方で用意します。  

井堀学童保育の座禅会

井堀学童保育の座禅会 IN 夏休み

毎月1回、近所の井堀学童保育で坐禅会の指導に趣いています。
歴史は大変長いです。

今日は夏休みで、向こうから、道場にやってきて、

坐禅体験会が行なわれました。

井堀学童

先生入れて約60名。

しっかり、厳しく指導しました。
休憩も、私語禁止で!


茶礼も行い、10時~11時半まで。


こちらも、いい坐ができ、いい汗かきました。

NHK北九州 小倉城庭園写経坐禅会放映のお知らせ

NHK北九州 小倉城庭園写経坐禅会放映のお知らせ

8月25日(木)18:10 より、
NHK北九州で小倉城庭園写経坐禅会の様子が放映されます。
 
ぜひご覧ください。

霧が丘学童保育の坐禅体験会

霧が丘学童保育の坐禅体験会

平成28年8月9日と23日、
霧が丘学童保育の坐禅体験会を求めにより行いました。

現地趣いての坐禅体験会。
9日は上学年。

23日は1,2年。

それぞれ、40名近く。



上学年も、しっかりしていましたが、

1,2年が、予想と違い、上学年と違わぬ、しっかりさで、

さわいだり、私語する子もなく、

熱心に、座っており、感心させられました。


霧が丘学童坐禅会1回目

霧が丘学童坐禅会1回目正

こちらも、気持ちいい坐ができました。



感想文も、おどろくような内容で、感服いたしました。
霧が丘学童坐禅会感想文

夏至も過ぎ、梅雨明けも近いか?

夏至も過ぎ、梅雨明けも近いか?

昨夜(7月2日)は、熱帯夜でした。

寝苦しい夜は、エアコン、扇風機を活用もいいですが

眼から、涼を呼び込む!

団扇で風をおこす!

風鈴で耳から涼しさを演出する。

暑さに耐える!より 愉しむ気概で真夏を乗り切りたいですよね!

先ずは、蓮の花で 涼を感じてください。


泥龍 拝


W 妙法寺蓮2016年7月2日 DSC_2297 2

W 妙法寺蓮2016年7月2日 DSC_2337 2

W 妙法寺蓮2016年7月2日 DSC_2340 2

ツバメの巣

ちょっと いい話です。


ランニングコースにある、商店街のお店の軒先に
ツバメが 巣をつくりました。

店主・・「カラスにやられたんよ!可哀想に!」

     カラス対策に、「CDをぶら下げた」

     しばらくは、親鳥も寄り付かなかった。
  

     ある日、二回目の雛が誕生したんです。

     雛が、巣から落ちるのを受ける カゴも用意しました。

    これで、無事巣立ってくれたらいいのですが・・・


感動しました。ツバメの子育てをやさしく見守る姿に感激しました。

       きっと、来年もお店の軒先にはツバメの巣が作られると思いました。
澤田 泥龍
tn_20160608100036bb3.jpg

波多野毅氏講演会のご案内

鎮西支部第263回摂心会講演会チラシ


講 師  波多野 毅 (はたの たけし) 氏
演 目  『禅的生活 マクロビオティックと東洋思想の原点』


寺子屋 TAO塾代表 で、食育エコロジストの 波多野毅 氏を迎えて
講演会を開催いたします。
全国で講演会をされていて、その内容の面白さが好評の波多野氏の講演会です。
座禅体験も行います。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

日 時  平成28年5月22日(日) 14時~
場 所  鎮西座禅道場
T E L  093-571-7747 
会 費  一般 1000円  会員 無料




講師プロフィール
波多野毅(はたのたけし)氏  通称:タオさん 寺子屋TAO塾代表・食育エコロジスト
1962年、熊本県阿蘇郡小国町生まれ。大学卒業後、祖母の死がきっかけで、東洋医学・ホリスティック医学に興味を持つ。
鍼灸指圧の資格を取得。また、日本CI協会、大阪正食協会にてマクロビオティックを学び、松原泰道老師の南無の会にて仏教を学ぶ。 その後アメリカ留学。帰国後、故郷阿蘇で寺子屋TAO塾創設。農的生活をしながら、積極的に講演・執筆活動をしている。
著書に「医食農同源の論理~ひとつつらなりのいのち」(南方新社)「自遊人の羅針盤~東洋医学の智慧に学ぶ」(タオコミュニケーションズ)などがある。

鎮西道場、豊前道場の桜

鎮西道場、豊前道場の桜です。

今日(4月6日)の 雨で桜は残念ながら散ってしまいました。

道場の観桜ができなかった人に、ほぼ満開の桜をお楽しみください。

泥龍


豊前道場の桜
豊前桜B2016年4月6日

豊前道場の桜
豊前桜A2016年4月6日

鎮西道場の桜
鎮西豊2016年4月6日

鎮西道場の桜
鎮西桜D2016年4月6日

鎮西道場の桜
IMG_2495_Rs[1]_R

花祭りのご案内

花祭りのご案内
   4月3日(日)11時~

                             
NEC_0195.jpg

花祭りとは、お釈迦様の誕生をお祝いするもので、宗派に関係なく全国のお寺ではお祝いをいたします。
鎮西道場でも毎年の恒例行事となっています。
本来4月8日がお釈迦様の誕生日とされていますが、
日曜日に合わせて開催いたします。


当日は甘茶のふるまいもあり、
お祝いの会の後は、道場内の桜の木の下で食事をします。 

皆さまご家族・お友達をお誘いのうえ、ふるってご参加ください。

お弁当・お酒等、飲食物は各自でご用意下さい。

雨の場合は室内で食事をします。

豪華景品が当たるビンゴゲーム、子どもさんにはお菓子のお土産♪

※なお、前日(土曜15時から)準備を致しますので、花御堂を飾るお花がありましたらお持ちよりいただき、お手伝いをお願いします。


花祭りとは

「花まつり」は第二次大戦後に広まった名前で、
本来は灌仏会(かんぶつえ)・仏生会(ぶっしょうえ)・浴仏会(よくぶつえ)・降誕会(こうたんえ)・竜華会(りゅうげえ)などと言います。
いろいろな花で飾った小さなお堂(花御堂)の中に、甘茶の入った桶を置き、あかちゃんの姿のお釈迦様の像(誕生仏)を祀ります。お参りの仕方は、誕生仏の頭からひしゃくで甘茶(産湯)をそそいでお参りします。
   
NEC_0198.jpg


お釈迦さまの父親は釈迦族の王様で浄飯王、母親は摩耶姫といいます。出産のため実家に向かう途中のルンビニー園で生まれました。

 天上天下、唯我独尊、三界皆苦、我当度之
お釈迦さまは生まれると、すぐに七歩ほど歩み、右手で天を、左手で地を指さして
「人は誰でもこの世に一人だけであって予備の人間はいない。命は貴いものである。私は苦しむ人々を救うことを第一としよう」といいました。
すると天に住む竜が感激して甘露の雨を降らしたといいます。
花御堂はルンビニー園を、甘茶は龍が降らした甘露の雨を表わします。

花まつりは、インドや中国でも古くから行われている行事です。
日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われました。
お釈迦さまの誕生を祝い、お釈迦さまの智慧と慈悲の教えを信じてゆくことを誓う日です。
また、子供がすくすくと育つことを祈る日でもあります。

失敗して物をダメにする事を「おしゃかになる」と表現しますが、これは灌仏会に因むものです。江戸の鍛冶職人の隠語として、あぶり過ぎて鈍ってダメにしてしまった金物に対して、江戸っ子訛りで「しがつよかった(火が強かった)」→「四月八日だ」→釈迦の誕生日、というつながりで成立したとされます。

 | HOME |  »

Appendix

FC2Ad